資料の紹介

 2023年10月1日から「消費税インボイス制度」が導入される。消費税の課税事業者が確定申告をする場合、帳簿への所要事項の記載と保存、適格請求書の保存が、仕入税額控除の要件となる。取引先の多い大手~中堅企業の経理には特に影響が大きいはずだ。

 適格請求書とは、売り手が買い手に対し、正確な消費税率、消費税額を伝えるための手段として発行する書類である。適格請求書では、発行される適格請求書の税率区分ごとに1回ずつ消費税額の計算を行うという要件があるため、適格請求書ごとに計算方法や端数処理の方法を検討する必要がある。

 本資料では、消費税インボイス制度とは何か、適格請求書とは何か、という基本知識を整理した後、適格請求書の発行側と受領側がそれぞれ押さえるべきポイントの解説や、同制度に関するFAQなどを収録している。国税庁出身の税理士が監修している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。