資料の紹介

 営業部門を取り巻く状況は今、変化の真っただ中にある。とりわけ大きな変化が、在宅勤務の導入が進んでいることだ。営業部門も顧客も在宅勤務が増えたことで、チーム営業や顧客との関係強化にも、新しい方法が求められている。

 重要なのは、営業の中枢となる「デジタル拠点」を設けることだ。コラボレーションツールを営業拠点と考え、担当者やマネジャー、他部門のエキスパートらを交えたチームを編成し、営業支援ツールも連携させる。こうして「チーム営業」が機能する環境を整備することによって、スピーディーで適切な顧客対応が可能になり、商談の成約率や顧客満足度の向上が可能になる。

 本資料は、在宅勤務が広がる中で営業にとって重要となるものを考察するとともに、デジタル空間でも営業チームのメンバー間や顧客とのコミュニケーションを円滑にするコラボレーションツールの活用事例を紹介する。こうしたツールをうまく活用することで、チームの士気向上や人材の定着にもつながるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。