資料の紹介

 オンプレミスからパブリッククラウドへの移行、さらにはマルチクラウドの普及により、企業を取り巻くネットワーク環境は複雑さを増している。一方で、円滑な業務遂行にはクラウドアプリケーションの接続向上、パフォーマンスの高速化が欠かせない。そこでWANの最適化が求められるようになってきた。

 クラウド時代におけるWANは単なる通信路ではなく、従業員の生産性向上、ビジネスの競争力強化、顧客や需要への迅速な対応など、事業活動にとって戦略的資産となり得るものだ。その見地から各所で導入が進むのが、ソフトウエア定義の仮想化ネットワーク技術、SD-WAN(Software Defined WAN)である。

 本資料では、「拠点間通信」「DR(ディザスターリカバリー)」「クラウドへのデータ伝送」といった観点から、SD-WANソリューションの強みを解説する。アプリケーション応答時間の遅延改善、独自の圧縮技術によるデータ削減を通じて、データセンターやクラウド間のデータ伝送を高速化。グローバル拠点のどこからアクセスしても快適なネットワーク品質を担保するという。そのうえで、今後はSD-WANを基盤とした統合型WAN最適化ソリューションを検討すべきだとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。