資料の紹介

 様々な企業が、顧客満足度を向上させ、売り上げを増加させるための手段として、顧客体験の改善に取り組んでいる。そうした企業にとって喫緊の課題となっているのが、新製品や新サービスを迅速に立ち上げて複数のチャネルで提供することだ。

 そうしたことを可能にするには、人、プロセス、テクノロジーの間の壁を取り払って、顧客のニーズに応えていく必要がある。だが、これを実現できている企業は少ない。多くの企業では、顧客データがサイロ化していたり、顧客体験と投資対効果の関連付けが不十分だったり、データに基づく行動ができていなかったりするからだ。

 本資料では、顧客ファーストの企業文化の導入を阻む主な問題を挙げ、これらを解決するための考え方や取り組みについて説明する。マルチチャネルアプリケーションの迅速な提供を可能にする高速開発プラットフォームは、障壁の多くを排除し、顧客に最適かつシームレスな体験を提供するのに役立つ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。