資料の紹介

 DX(デジタルトランスフォーメーション)によって新しい価値をビジネスにもたらそうとする取り組みは、往々にして老朽化したレガシーシステムによって妨げられる。レガシーシステムで新たなアプリケーションを開発しようとすると、依存関係を調べるのに手間取り、開発に時間がかかることが避けられないからだ。何より、レガシーシステムに対応可能な人材が急速に不足してきている。

 加えて、レガシーシステムの維持管理には多大なコストと手間がかかるため、革新的なアプリやサービスの開発にまで手が回らなくなる。こうした問題を解決するには、レガシーシステムのパッケージソフトへの置き換えや再設計、再構築が必要だ。しかし、いずれにも一長一短があるため、慎重に検討する必要がある。

 本資料では、レガシーシステムが企業にもたらす懸念事項を述べるとともに、システム刷新の選択肢と、それぞれの選択肢においてローコード開発が解決のカギとなることについて説明する。さらに、レガシーモダナイゼーションとローコードに対する5つの「誤解」と「現実」を解説したうえで、レガシーモダナイゼーションに最適なローコードプラットフォームを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。