資料の紹介

 ロシアはウクライナに対するサイバー攻撃を拡大しており、今後、世界中のあらゆる組織がその標的になる可能性がある。各国政府や情報機関は、分散DoS(DDoS)攻撃から重要インフラを標的とした破壊的攻撃まで、様々なサイバー攻撃を警戒せよと警告を発している。

 組織のIT担当者は、今まで以上にサイバーセキュリティ対策を徹底しなければならない。こうした状況で効果的なのは、セキュリティシステムをすり抜けようとするサイバー攻撃を常に探索、侵入され大きな被害が発生する前に、攻撃者を捕らえてしまうことだ。このプロセスを「サイバースレット(脅威)ハンティング」と呼ぶ。

 本資料では、「サイバースレットハンティング」の基本知識と重要性、ハンティングに適した人材像や方法について解説する。サイバー脅威が刻々と変化する状況では、セキュリティ担当者に対しても、専門家によるトレーニングや、自動化プラットフォームによる支援を検討する必要が出てくるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。