資料の紹介

 5G、IoT、人工知能(AI)、仮想現実(VR)、自律走行車といった新しい技術が次々に登場し、より多くのデータをより速く処理する高速デジタル設計の必要性はますます高まっている。高速デジタル規格も急速に進化しており、製品品質を維持するために、常に新しい技術を導入した開発が求められている。

 高速デジタル設計は複雑化する一方であり、これを効率的に行うためには、個々の設計を担当するエンジニアの成果を結び付けるワークフローが必要となる。また、それら複数分野のワークフローを接続するための全体的な設計手法も採り入れる必要がある。

 本資料では、高速デジタル設計を行う際に直面する「シグナルインテグリティー(電気信号の品質)」「パワーインテグリティー」「熱による影響」「システム解析」の4つの課題について、その根本原因から解決方法までを解説する。適切な設計ツールを導入し、全体的な設計手法を習得することが成功への近道になる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。