資料の紹介

 政府によって示された「クラウド・バイ・デフォルト原則」により、全国の地方自治体でクラウドを前提としたDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みが加速している。そこで重要になるのが、「データ連携」と「データセキュリティ」の両方を実現する情報システムの構築だ。

 データ連携では、AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azure、Google Cloudなどのクラウド環境や、クラウドとオンプレミスが混在するハイブリッド環境、またはクラウド同士でのデータ移行や管理をスムーズに行えることが求められる。一方、データセキュリティでは、住民の個人データをいかに安全に管理・運用するかが最重要課題となる。特に最近はランサムウエア対策が不可欠だ。

 本資料では、データ連携とデータセキュリティの両立に貢献するストレージ技術について解説する。400TB規模の統合ストレージでデータ保護とクラウド連携を実現した広島県庁の事例も含めて、地方自治体のDXに求められるストレージの条件を整理する。全国の自治体はもちろん、オンプレミス/クラウドのデータ連携、ランサムウエア対策、データ消去対策を検討している企業にも役立つ内容となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。