資料の紹介

 現在は、企業システムでクラウドが積極的に活用される「クラウド時代」だ。リソースの迅速かつ柔軟な調達、インフラ運用管理からの解放、アジャイルとDevOpsによる短期間での高品質なソフトウエア開発、そして低コストと、クラウドがなければ現在の企業システムやビジネスは成立しないといっても過言ではない。

 しかし、先進的な企業はすでに次に進みつつある。それが「クラウドネイティブ時代」だ。マイクロサービス、コンテナ、サーバーレスコンピューティングといった技術を使い、クラウドがもたらす多くの利点をフル活用する。そうすることで、作業負荷の軽減や、ビジネスの伸長に合わせた柔軟な拡張性、障害からの高い回復性など、新たな価値を手に入れられる。

 本資料は、企業がクラウドネイティブ時代に進むためのガイドラインだ。マイクロサービスへの移行、クラウドネイティブDevOpsの導入、クラウド環境の最適化など、導入すべき技術や組織文化の醸成などについて詳しく解説する。既存のアプリケーションをクラウドに移行するだけでは、十分なメリットを得ることは難しい。本資料で、クラウドネイティブの真の価値と具体的なアクションを確認してほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。