資料の紹介

 働き方改革が求められる中、業務改善やDX(デジタル変革)の重要性は高まるばかりだ。業務改善に取り組む先進的な企業が注目するのが「働き方データ」である。業務改善のターゲットを定めたり、改善策の効果を評価したりするには、従業員の働き方や業務量の客観的なデータが欠かせない。

 働き方や業務量のデータ化によって実現できることは多い。例えば、従業員が自分で仕事の優先度を変えたり、効率的な方法を考えたりしやすくなる。チームのマネジャーは、メンバーの仕事量やスキル、ストレスの状態を確認できるようになる。これらの積み重ねにより、組織全体の仕事の質が上がってくる。また、プロジェクトや業務ごとの人的コストも把握できるようになる。使用していないシステムやサービスも可視化される。

 本資料では、働き方データに基づく業務改善支援ツールを紹介する。業務プロセスや働き方に関するデータを自動収集してAI(人工知能)で分析し、業務改善やシステム投資価値向上のための指針を提供するツールである。同業者の平均的なデータと比較できる機能も備えており、自社の優位点や改善点が一目瞭然となる。改善方針も決めやすくなるはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。