資料の紹介

 働き方改革の一環として徐々に普及しつつあったテレワークだが、新型コロナウイルスの感染拡大によって、一気に採用が広がった。それに伴い、課題として浮上したのが、テレワーク環境のセキュリティ確保である。必要な対策は広範にわたり、どこから着手すべきか判断に迷うところだ。

 例えば、クラウドサービスのIDやパスワードの管理がずさんで、不正アクセスを招いてしまったら、事業の存続を脅かしかねない。あるいは、私物のPCなどを業務に使う、いわゆる「BYOD(Bring Your Own Device)」の場合、会社支給のPCと同じ水準の対策がとれないケースもあるだろう。

 本資料では、テレワークにより生じる業務の変化やセキュリティリスクについて、わかりやすく整理した後、テレワーク環境のセキュリティリスク低減に不可欠な「認証の強化」と「端末やソフトウエアの資産管理」の進め方について解説する。最新のセキュリティ対策の考え方や、セキュリティ管理者がなすべきことについてもまとめている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。