資料の紹介

 多くの業界にテレワークが浸透しつつある昨今、IT企業やIT部門といった「IT職場」にも当然、その波は押し寄せている。だが、ITのプロだからテレワークがうまくいくとは限らない。「リモートだとコミュニケーションがとりにくい」「やっぱり対面が一番」といった声も根強い。

 テレワーク前提で働き方を変革する際の課題として、お互いの仕事内容や忙しさが把握しにくいことがある。また、ある程度テレワークに慣れてくると、業務と私用の切り替えがうまくいかず、「ながら仕事」が常態化したり、深夜までだらだらと仕事をしたり、といった問題も出てくる。

 本資料では、さまざまな悩みを解決しながら、テレワーク前提で働き方を改革しようと奮闘するIT企業のチームが登場。このチームの取り組みを題材に、自分の仕事を他のメンバーに見せるときの粒度はどうするか、オンとオフをどう切り替えるか、といった「リモートのツボ」をわかりやすく説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。