資料の紹介

 コロナ禍をきっかけに、テレワークが日本でも普及しつつある。しかし、日本のテレワーク導入率はまだ低い。需要は拡大しているが、定着化にはまだ遠いのが実態だ。2020年5月に最初の緊急事態宣言が解除された時も、早々に在宅勤務・テレワークをやめてオフィス勤務に戻した企業が急増した。

 なぜ、日本企業のテレワーク導入率は低迷しているのか。テレワークの定着を図るには、浸透しない理由を考察し、既に成果を上げている海外の取り組みを参考にすることが有効だ。

 本資料では、日本と海外のテレワーク事情を比較することで、日本企業が直面する課題を明らかにし、日本流のテレワーク推進に向けたヒントを示す。比較対象として、米国、英国、ドイツ、フランス、フィンランドのテレワーク事情を解説。その上で日本のテレワーク普及を阻む「3つの壁」を挙げ、それに基づいて、日本企業のテレワーク定着化に向けたヒントを紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。