資料の紹介

 業務プロセスの一部を外部委託することをBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)という。矢野経済研究所は、国内BPO市場はコロナ禍によるマイナスの影響はあったものの、今後も順調に成長すると予測している。その背景には、DX(デジタルトランスフォーメーション)や働き方改革を推進して、業務の効率化を目指す企業が増えていることがある。

 BPOのメリットは、優れたノウハウや専門性を持つ外部企業を活用することで、利益を生む本業(コア業務)に経営資源を集中できることだ。多くの企業が人材不足に悩んでいるが、経理や人事、総務などコア業務を支援する業務(ノンコア業務)をBPOに切り替えることで、人材不足を解消し、同時に競争力を高めることができるのだ。

 本資料は、国内BPO市場の最新動向についてまとめたリポートだ。海外を含めたBPO市場のトレンド、BPOのメリット、BPOを導入する5つのステップ、中小企業のBPO導入状況などを分かりやすく整理している。大手企業はもちろん、中堅中小企業にとってもBPOの基本情報と最新動向を把握できる内容となっており、自社のDXや働き方改革の参考にしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。