資料の紹介

 自動化技術の進化にもかかわらず、数十年前から続く人手による運用に固執して「それなりのレベル」で業務をこなしている企業は依然として存在する。こうした企業は、競合他社が自動化技術を採用するにつれ、成長を望めなくなっていくだろう。

 例えば、何枚もの細かな書類に記入した揚げ句に回答を待たされる取り引きと、どこからでも使える洗練されたインターフェースと、即時性・透明性を備えた自動化アプリケーションによる取り引きのどちらを顧客は好むだろうか。人手による運用を減らすことは、時間の節約にもなりうっかりミスも減らせる。

 本資料では、業務の自動化がなぜ必要なのかを解説した後、業務タイプ別の自動化パターンや、どこから着手すべきかを判断するためのヒント、AIを自動化に活用した3つのユースケースを紹介。最後に、適切な自動化ソリューションを選択するための指針を示す。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。