資料の紹介

 ランサムウエア攻撃の被害が急増する中、多くの企業がデータ管理を見直す必要に迫られている。大量のデータが散在した「ダークデータ」となっており、「どのようなデータがどこにあるか」「安全でコンプライアンスに準拠しているか」「バックアップされているか」といったことが把握できなくなっているからだ。

 データの保存と管理を一元化しシンプルにすることで、攻撃対象となる領域を減らすことができる。さらに、データがどこにあり、どの業務で使われているかを把握できれば、データアクセスやデータの拡散をコントロールするうえで欠かせない可視性が確保でき、データ管理は格段に楽になるだろう。

 本資料では、これまでのデータ管理の複雑さや煩雑さを解消するとともに、ランサムウエアの脅威や影響を軽減する有効な対策にもなるという、新たなデータ管理の考え方を解説。実現のヒントとして5つのベストプラクティスを示す。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。