資料の紹介

 自動車、家電、ヘルスケア機器、産業機器など様々な分野の組み込みアプリケーションにおいて、リアルタイムでの音声処理の重要性が増している。例えば自動車では車両の電動化が進んだことでエンジンの騒音がなくなった代わりに、車両と道路の接触による騒音が課題となっており、これを低減する「RNC(Road Noise Cancellation)」に注目が集まっている。

 こうした音に関するシステムを開発する際には、オーディオ用デジタル・シグナル・プロセッサー(DSP)や、音声処理に対応するSoC(System on a Chip)が使われる。どちらの半導体を採用するかは、遅延性や拡張性など様々な要素を考慮して慎重に検討することになる。

 本資料では、オーディオ用DSPとSoCの特性を比較しながら、リアルタイム音響処理システム開発に適した半導体の見極め方や、開発を成功に導く方法について解説する。遅延、拡張性、アップグレード性、アルゴリズム、ハードウエアアクセラレーション、顧客サポートの6つの課題について検証した内容を、具体的な数値や図を使いながら説明する。データ取得に使用した製品やリファレンスプラットフォームの情報も提供している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。