資料の紹介

 今も猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。このような感染症の爆発的な拡散を抑えるためには、より良いマススクリーニング(集団検査)の実施が急務となる。現在、額をスキャンして発熱の有無を調べる方法が広く使われている。しかし、この方法では、死に至る可能性のあるウイルスと他の疾患との区別や、無症状・発症前の感染者の検出は難しい。

 新型コロナウイルスについては新しい検査方法も採用されているが、検査精度や検査時間は依然として課題になっている。そこで注目されているのが、微小なウイルスを検出できるバイオセンサーである。携帯型の診断装置で1分以内に病原体の種類を特定することを目指して、実用化に向けた取り組みが進んでいる。

 本資料では、短時間・高精度のウイルス検査を可能にするバイオセンサーと、その実用化への取り組みに必要な製造技術や半導体部品について紹介する。バイオセンサー技術は、感染症のマススクリーニングだけでなく、食品の安全性管理など様々な領域に活用できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。