資料の紹介

 クラウド活用やリモートワーク、業務委託先によるデータリソースへのアクセスが大幅に増えた結果、従来は明確だったセキュリティ上の境界線は曖昧になり、内か外かに関係なく適用できるセキュリティモデルが求められるようになった。具体的には、「すべてを信頼せず、検証する」を基本とするゼロトラストの考え方である。

 実際、大企業のセキュリティ担当者100人を対象とした調査によると、ゼロトラストアプローチの採用が「非常に重要」または「重要」と回答した担当者は88%に達した。また、45%の回答者が、ゼロトラストモデル導入における最優先事項として、「ID・アクセス管理を軸とした対策」を挙げている。

 本資料では、米大企業のセキュリティ担当者100人を対象とした調査結果を分析、ゼロトラストに関するセキュリティ実務者の見解、近年の攻撃パターン、攻撃リスクを軽減するためにすべきことなどについて解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。