資料の紹介

 企業間をつなぐネットワークや高度なワークフローが、ビジネスにかつてなく多大な影響を与えるようになった。そこで生まれつつあるのは、複数の企業や組織によるエコシステムを戦略の要とし、科学的知見やデータによる変革を実現する「バーチャル・エンタープライズ」だ。

 AI(人工知能)やIoTを駆使して社内外に眠るデータを活用した意思決定を支援する「インテリジェント・ワークフロー」は、バーチャル・エンタープライズに参画する企業を単につなぐだけでなく、共通の価値や目標に即したワークフロー自動化プロセスにより、企業群や業界全体にわたるリソースを緊密に結び付ける。ただしその効果は、各社のスピード、正確性、セキュリティレベルによって違ってくる。

 本資料では、「インテリジェント・ワークフロー」と呼ぶ業務自動化の未来形について、その要件と重要性、期待される3つの効果を、独自調査の結果や国内外の3社の事例を交えて説明する。さらに、その効果を最大化するための5つのステップを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。