資料の紹介

 野村総合研究所(NRI)は、金融、小売り、流通などさまざまな業種向けのサービス提供を支える新たなIT基盤として、自社データセンターにパブリッククラウド環境を導入した。第1段階としてまず、投資信託の窓口販売業務向けSaaS(Software as a Service)を移行し、安定運用している。

 NRIはこれまで、プライベートクラウド内に構築した専用環境で各種金融サービスを提供してきた。だが、クラウドの最新技術を使って他社に先駆けて新しい価値を提供するといった機敏性には懸念があった。自社データセンターでパブリッククラウドを運営できれば、機敏性と、金融向けで不可欠な高度な可用性や統制が両立できると判断した。

 本資料では、ミッションクリティカルかつ大規模なサービス基盤を、NRIが自社データセンターのパブリッククラウド環境に移行した経緯や導入効果について紹介する。セキュリティレベルの維持、顧客ニーズなどに合わせた柔軟な拡張が可能になったほか、金融業界における高度な統制、厳しいレスポンスといった要件も満たせているという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。