資料の紹介

 ゲームや映像配信など消費者向けサービスのイメージが強いVR(仮想現実)だが、産業分野でも利用拡大が進んでいる。製造業においても、業務改善や生産性・品質の改善に向けたシミュレーションツールや、次世代への業務継承に向けた教育・トレーニングツールとしてVRを導入する企業が増えている。

 世界の製造業でのVR活用率は2018年から2023年にかけて年平均48.2%で成長すると、調査会社のIDC Japanが2019年6月に発表している。一方で同社は、日本の製造業のVR活用率については同じ5年間で年平均18.7%成長にとどまると予測し、その理由として日本企業が新技術の活用に保守的な傾向があることを挙げている。製造業におけるVR活用については、日本だけでなく海外の動向も理解する必要があるだろう。

 本資料では、VR市場の最新動向、製造業におけるVR活用の可能性、既にVRを活用して効果を上げている海外、国内企業の事例について解説する。そのうえで、VRを活用して業務効率や生産性を向上するための5つのポイント、導入から実務運用までを支援するサービスなどについても紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。