資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、多くの企業がテレワークを導入した。しかし、必要に迫られて暫定措置を繰り返すなど「なしくずし的」にテレワークを展開した企業では、社外でのファイル共有やコミュニケーションの基盤が整っておらず、セキュリティ対策も不十分なことがある。

 テレワークを推進するに当たっては、自宅から機密情報へのアクセスが不可欠な業務も多く、セキュリティと利便性のバランスが難しくなりやすい。「個人情報を多く扱うため厳密に管理したい」といった場合もあれば、限られた情報以外は、利便性を重視したい場合もあり、一筋縄ではいかない。

 本資料では、テレワークの3大セキュリティリスクとして、「シャドーIT」「脆弱な自宅環境」「社員による不正」を挙げ、それぞれについて解説。対策として、これらのリスクを軽減する機能と、テレワークに必要な環境を一通り備えたというクラウドサービスの主な機能を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。