資料の紹介

 2022年1月に改正電子帳簿保存法が施行された。2024年1月からは例外なく、すべての企業が法律の対象となる。特に大きいのは、データで受け取った書類はデータのまま保存することが必要になる点である。

 もちろん法律への対応は必須だ。しかし、より重要なことは、法対応をきっかけに経費精算業務を電子化し、経費の適正化、さらには経営の改善にまでつなげることだろう。そのためには、従来の経費精算フローを整理し、電子化に対応した新しいフローを作る必要がある。また、効果的なフローの作り方や経費精算システムの選び方など、知っておくべき事項も少なくない。

 本資料では、経費精算業務を電子化する5つのステップと、成功に導くための5つのポイントを電子帳簿保存法に詳しい元国税庁の専門家が解説する。例えば、経費精算システムに求められる認証制度、経費精算フローにおける責任者の明確化の方法、ルールを守らない従業員への対処法など、実践的な知識・ノウハウが整理されている。税務調査では企業のコンプライアンス度が問われる。従業員へのコンプライアンス意識の醸成という面でも、経費精算の電子化は有効だとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。