資料の紹介

 医療分野の技術は日進月歩であり、市場ニーズは高度化・多様化している。それに伴って医療機器はますます複雑化している。また、医療機器の市場領域が広がるとともに、新たな規制が設けられたり、規制が厳しくなったりしている。新しい医療機器の開発に必要なコストやリソースは増加する一方だ。

 その中で、医療機器メーカーは新たな規制に準拠しながら、高品質な製品を素早く提供していく必要がある。そのためには、製品開発の効率化を図ることが不可欠だ。そこで、製品ライフサイクル管理(PLM)による市場投入期間短縮や品質リスク低減の取り組みが、医療機器分野でも注目されている。

 本資料では、医療機器向けのPLMについて解説する。PLMは、企画、開発、部品調達、生産、販売、保守など製品ライフサイクルの領域ごとに行っていたデータ管理などを統合し、縦割りプロセス問題の解消に貢献するソリューションである。資料では、医療機器向けPLMが提供する機能や導入メリットについて説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。