資料の紹介

 ビジネスを支えるITシステムにとって、ストレージは重要で欠かせないインフラだ。特に多くの企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組み、データ活用の重要性が増している現在、大量のデータを高速かつ安定的に保存・処理できるストレージは必要不可欠となっている。

 ところが現実には、ストレージがDXの足かせとなることが多い。例えば、ストレージが古いと容量を拡張するのにも過大な労力を必要とする。また、種類の異なるストレージが混在していると管理者の負荷も大きい。定期メンテナンスや障害によるダウンタイムが頻繁に発生すると、ビジネスへのマイナスの影響も少なくない。

 本資料は、古いストレージから最新のフラッシュストレージに移行した企業を調査し、その導入効果を定性的・定量的に分析したリポートだ。それによると、パフォーマンスの向上はもちろん、ダウンタイムの低減や、容量拡張を含む管理負荷の軽減も実現できたという。導入企業の担当者の声を収録し、最終的なROI(投資利益率)も算出している。ストレージをDXのボトルネックにしないためにも、最新フラッシュストレージがビジネスにもたらす効果を確認してほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。