資料の紹介

 サーバーはITシステムを構築するうえで不可欠な要素だと考えられてきた。しかし、その常識を覆したのが「サーバーレス」だ。これは、サーバー(仮想マシン)を使わずに、クラウドで必要なときだけサーバー機能を提供するというアーキテクチャーのこと。サーバーを意識することなくシステムやアプリケーションを開発できることから、その活用が広がっている。

 サーバーレスのビジネス上のメリットは明快だ。まずは、新しいシステムやアプリケーションを迅速に開発して市場に投入できること。それに加え、従量課金による柔軟なコスト負担に変更できることや、運用管理にかかる人的コストを低減できるという利点も大きい。

 本資料は、サーバーレスの特徴やメリットを基礎から解説したものだ。サーバーレスの概念や、企業が得られるメリットなどを説明。さらに、数十万件の物流拠点からの請求を処理するシステムを開発したLIXILや、有料映像配信とグッズ販売を合わせたECサイトを構築した北海道テレビ放送(HTB)などの事例も紹介している。サーバーの運用管理の負担に悩んでいる企業は、参考にしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。