資料の紹介

 ID管理や認証は、組織がITシステムを安全に運用するにあたって基盤となる仕組みである。だが、ITシステムのクラウド移行やテレワークの進展で社内と社外の境界が拡大したことにより、オンプレミス環境における従来のID管理や認証では、使い勝手やセキュリティの面で様々な課題が生じている。

 そこで注目されているのが、ID管理や認証・アクセス制御をクラウド上でまとめて運用できるIDaaS(Identity as a Service)だ。IDaaSを導入すれば、多要素認証やアクセス制御といったセキュリティポリシーを統一し、ユーザーの権限や職位、所属に応じてサービスを設定したり、ユーザー、端末、ディレクトリーサービスを一元管理したりできる。

 本資料では、ゼロトラスト実現に向けた第一歩となるIDaaS導入時に検討すべき内容や手順を詳しく紹介する。導入計画をスムーズに進めるためには、直近で実現することと将来像を分けて整理し、直近で実現したいことをベースにシステム構成を検討することがポイントとなる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。