資料の紹介

 現在の自動車では、電子制御の役割が急速に増している。自律運転支援やブレーキなど安全面で極めて重要な機能まで、電子制御を機械制御と組み合わせることで実現するようになった。それとともに、自動車に搭載する半導体・電子部品の数も増加している。

 こうした背景から自動車の機能安全規格「ISO 26262」は2018年に更新され、自動車の機能安全分析の適用範囲に半導体部品が盛り込まれた。これにより開発者は、半導体の内部にまで目を向け、チップレベルまで掘り下げて機能安全を評価しなければならなくなった。従来のまま手作業と人力での分析に頼っていたのでは、ミスが生じやすいうえに、作業コストは膨大になってしまう。

 本資料では、カーエレクトロニクスの機能安全性を半導体レベルまで分析・検証できるツールについて解説する。数千もの運転シナリオが設定されており、そのシナリオで起こりうる潜在的な故障を特定・分析できる。分析は自動プロセスによって実行されるため、人為的ミスを防ぐことが可能だ。安全を実証するための文書も自動的に生成される。従って、迅速かつ効率的に作業を進めることが可能で、開発の時間とコストを削減できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。