資料の紹介

 IT戦略の策定から、アプリケーションの開発、ITインフラやセキュリティ環境の整備まで、IT部門の業務は多岐にわたる。中でも、従業員が使うパソコンの管理・運用は、最も手間と時間がかかる業務の一つだ。従業員の多くがテレワークをしている中、PCの運用・管理のために出社せざるを得なかったIT担当者は多いだろう。

 だが、ITがビジネスの生命線となった現在、IT部門がPCの運用・管理に忙殺されているのは企業にとって損失だ。そこで注目されているのが、調達から展開、利用、トラブル時の対応、リプレース(更新)、そして廃棄に至るまでライフサイクル全般にわたってPCの運用管理を自動化・省力化する「Device as a Service」とも呼ばれるソリューションである。

 本資料では、「Device as a Service」の具体例として、「運用管理付きのPC」をサブスクリプション型で提供することで、PC運用管理の負担を大きく削減するというソリューションを紹介する。基本的な考え方や特徴、メリット、具体的なサービス内容のほか、PCレンタルなどとの違いも丁寧に説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。