資料の紹介

 今日の顧客は常に、優れたユーザー体験を期待しており、システムの障害はビジネスの機会損失に直結する。システムの運用管理に当たるチームは、全システムの稼働状況を監視し、サービスや顧客に影響が及ばないように、障害発生を未然に防がなければならない。

 しかし、IT環境がますます複雑で動的になっている現在、システムから生成されるイベントデータは膨大であり、障害原因を特定し迅速に対応することは、ますます困難になってきた。そこで注目されているのが、大量のイベントをただ管理するだけでなく、障害原因を確実に突き止め修正することに重点をおくアプローチだ。

 本資料では、従来のイベント管理の課題を解決する「AIOps(AIによる運用)」のあり方について説明する。イベントデータに機械学習を適用してパターンを検出、異常な事象を認識することで、差し迫った障害を事前に予測したり、優先すべきイベントを自動通知したりすることが可能となる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。