資料の紹介

 デジタル変革(DX)の重要性はすでに多くの企業で認識されており、その実現に向けてデータ活用基盤をどのように整えるかが、今の課題となっている。だが、肝心のIT人材が、既存システムの運用保守で手いっぱいの状態にあり、DXが思うように進んでいない企業も少なくない。

 こうした状況を打開するには、業務部門に所属する「非IT人材」も含めて、DX推進者として育てていく必要がある。だが、エンジニアでない従業員を、デジタル技術を使いこなすDX人材に転換することは、一朝一夕にはできない。そこで注目されているのがノーコード/ローコードツールだ。特に、ITの専門知識がなくても使えるノーコードツールへの期待は大きい。

 本資料では、ノーコードのデータ連携ツールにより、DX実現に必要なデータ活用の基盤を短時間で、内製できるようにするための施策を提案する。ノーコード/ローコードツールの概要を説明した後、ツールの種類と用途に応じた選び方、DXの実現に有効なバックエンド向けのノーコードツールについても解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。