資料の紹介

 学術研究や製品開発の現場では、ネットワークインフラの性能が低下したり停止したりすると、研究や開発のスケジュールに大きく影響する。安定稼働は大前提だ。さらに、運用管理手法が古いままだと実態とのズレが生じ、快適なネットワーク環境をできなくなる。例えば研究機関では、新たな研究チームの発足に伴う組織変更が多い。他機関に所属する研究者との連携も盛んである。Excelの台帳や文書を使った人手の運用・管理では対応が遅れ、実態との乖離(かいり)が生まれやすい。

 抜本的な解決には、手作業を減らして、ネットワークを可視化することが重要だ。ネットワークの統合監視ツールを導入し、ネットワーク構成の実態や最新の設定情報を自動収集し、全体像をいつでも把握できるようにする。そうすれば、ネットワーク設定を変更する場合も、事前調査に時間をかけることなく効率よく実施できる。

 本資料では、ある大学の研究所がネットワーク管理の課題を、統合監視ツールによって解決した事例を紹介する。ツール選択の決め手や導入効果を、具体的に語っている。組織変更や人事異動、外部連携が多い企業や教育・研究機関のネットワーク管理者は要チェックだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。