資料の紹介

 多くの企業がオンプレミス環境のアプリケーション群をクラウド上に移行しようとしている。だが、移行したアプリケーションの運用が軌道に乗るまで、時間がかかりすぎると感じたことはないだろうか。

 その主な原因として、稼働品質の基準となる「ベースライン」の欠如がある。アプリケーションをクラウドに移行する際には、あらかじめ、オンプレミス環境での負荷状況をモニタリングしてベースラインを把握しておくことが重要だ。これが欠如していると、移行メリットを評価できなかったり、移行中に発生した問題の原因をなかなか突き止められなかったりする。

 本資料では、クラウド移行の標準的なプロセスと、計画を立ててワークロードを効率よくクラウドに移す手法を紹介する。適切なベースラインの設定から、「移行中、パフォーマンスに影響か出たかどうか」「ビジネス上の成果を達成したかどうか」を把握する方法などについて解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。