資料の紹介

 現在、様々なサブスクリプション型のサービスが登場している。例えば、毎月定額で新車に乗れるサービスや専門のスタイリストがコーディネートした服を定額で利用できるサービス、オフィスビルの空調の設計から運用まで定額でサポートしてくれるサービス、といった具合だ。ある調査によると、国内のサブスク市場はB2C、B2Bを合わせて2023年には6兆円規模になると見込まれている。

 ただし、サブスクビジネスを立ち上げるのは簡単ではない。新規事業であれ既存事業のサブスク化であれ、事業設計やマーケティング設計、データ分析・検証など、様々なハードルをクリアしなければならない。例えば、サブスクの契約や請求の管理、モノを扱う場合は商品の配送や物品管理も必要になる。もちろん、顧客管理やプロモーションなども不可欠だ。

 本資料は、サブスクリプション型サービスのビジネスを立ち上げ、運用していくために必要な情報をまとめたガイドである。サブスクビジネスには何が必要になるかを整理したうえで、それらを支援するソリューションを紹介。製造業やITベンダーなどの導入事例も記している。サブスク事業に取り組みたい企業には大いに参考になるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。