資料の紹介

 現在、DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいる企業は、デジタル技術を使って既存ビジネスの変革や新しいビジネスの創出に向き合っているだろう。サブスクリプション型ビジネスを検討している企業も多いかもしれない。実際、様々な業界でサブスクが注目され、2023年の国内市場は6兆円規模になると予想されている。

 ただし、売り切り型サービスを提供している企業は、そもそも事業をサブスク化するノウハウやスキルを持っていないだろう。新しいサブスク型事業を設計できたとしても、それに対応した課金や請求などのバックオフィスの仕組みがない場合も多い。サブスクビジネスの立ち上げは一筋縄にはいかない。

 本資料では、サブスクリプション型ビジネスの支援ソリューションを活用することで、様々な課題をどのように解決できるかを6つのビフォーアフターで解説する。例えば、定額と従量課金が混在する請求を一元管理できる仕組みを導入すれば、サブスク化のハードルは大きく下げられる。本資料では、サブスク化を支援するソリューションで何ができるかを分かりやすく整理している。サブスクの事業化を検討している企業は要チェックだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。