資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症の影響により、テレワークで業務を行う企業が急増している。オフィスに出社せず業務を行うテレワークは、人と人との接触を減らせる点に加えて、場所や時間にとらわれない働き方が可能となるため、今後も働き方の一つとして定着することが予想される。

 しかし、テレワークでの業務を行うにあたり、特に問題となるのがセキュリティ対策と従業員の勤務時間の把握の2点。テレワークは、管理者の目の届かない社外での業務が中心となるため、バックエンドでのシステム導入を進めておく必要がある。そこで注目されているのが複数のシステムのログを一元的に管理できる統合ログ管理だ。いつ、どこで、だれが、どのような動きをしたか、複数のシステムを横断してログを記録することで、セキュリティ上での不測の事態に対応でき、従業員が労働時間の把握も可能となる。

 本特集では、テレワーク運用を支えるログ管理に関する最新システムのカタログを複数紹介。コロナ禍のなか始まったテレワークを今後も続けていくうえで知っておくべき情報が得られるはずだ。