資料の紹介

 テレワークの推進ではセキュリティと労務管理が課題になる。これまでのセキュリティ対策は、情報のやり取りを社内ネットワーク内に閉じる手法が中心だった。外部ネットワークとの出入り口は1つで、そこを管理すれば良かった。しかし、テレワークでは外部ネットワークとの出入り口が多数存在する状態になる。

 労務管理については、テレワーク時の労働時間の把握が難しい点が課題となる。業務PCの稼働時間が労働時間と必ずしも一致しないからだ。スマートフォンやタブレットを用いた作業、ネットワークに接続していないPCでの作業などもある。

 こうした課題を解決する第一歩となるのが、ログ管理の整備だ。セキュリティであれば、ユーザーを起点として「マルウエアに感染した端末の通信」や「プロキシーサーバーを経由しないWeb通信」などの問題を追跡できるようになる。労務管理ではデバイスを横断した操作時間の実態を把握できる。本資料は、さまざまなシステムのログを統合するツールを解説している。テレワークの整備を急ぐあらゆる企業の参考になるはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。