資料の紹介

 日々変化するビジネス環境において、様々なデータをいち早く入手し迅速に判断、意思決定を行うことが重要視されている。データに基づいたアクションを起こす――データドリブンを実現するには単にデータを収集・管理するだけでなく、可視化や分析といった一連の仕組みが必要となってくる。さらに、データドリブンは迅速かつ具体的なアクションを起こすことが求められるため、支援のためシステムやツールの導入が不可欠といえる。

 本特集「データ活用」ではデータドリブン時代に求められるデータ活用について、最新の国別調査レポートおよびデータドリブンを支援するツールに関する資料を用意。レポート資料ではデータ活用の現状や課題を詳しく紹介。「向こう十年間で企業に求められるデータ活用とは何か」を知りたい方にとって2つの資料は大いに役立つはずだ。