資料の紹介

 企業を取り巻くビジネス環境の変化が加速し、有名ブランド企業でさえ、異業種から参入してきた企業にシェアを奪われるといった事態が起きている。新たなビジネスモデルを創出し、より迅速で効果的な意思決定をして、効率性や生産性を向上させるデジタル変革が、すべての企業にとって喫緊の課題となっている。

 多くの企業が、デジタル変革を実現するために、データを積極的に分析・活用して洞察と意思決定に役立てる「データ駆動型」の企業に生まれ変わろうとしている。しかし、最近の調査の結果、多くの企業では、データ駆動型の仕事の進め方が現場で働く従業員にまで浸透していないという現状が明らかになった。

 本資料は、世界5カ国(ブラジル、ドイツ、日本、英国、米国)のデータ分析専門家500人に、データ活用・分析の現状と将来展望を尋ねた調査(2019年実施)の結果を40ページにまとめたもの。大半の社員は独力ではデータに基づく意思決定ができない状態にあり、セルフサービスBIツールの導入も停滞していると指摘している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。