資料の紹介

 ビジネスのデジタル化が加速し、あらゆる産業でデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する動きが進んでいる。DX推進のためには様々な課題があるものの、社内データの活用は特に大きなテーマ。社内の既存システムに分散しているデータやファイルを相互に連携させて活用できるようにしないとDXが実現できないだけでなく、今後のビジネス競争にも生き残れないといって過言ではない。

 DX化に向けて業務の見直し、既存システムの見直しはもちろんのこと、社内データの有効活用はDX推進の大事な取組みとなる。そこで注目されているのがデータ連携ツールの利用。システムを横断した形でデータやファイルを相互に連携させて利活用できるようにする。ツール活用でデータ連携を内製化が可能となることで時間とコストを圧縮化でき、今後もデータ連携ツールの需要は高まるはずだ。

 本特集では、DX推進に不可欠となるデータ連携ツールについてダウンロード可能な資料を用意。企業において重要な資産であるデータを活かすためにもデータ連携ツールの最新動向をつかんでもらいたい。