資料の紹介

 以前から、わが国の教育現場ではICT化への取組みの遅れが指摘されてきた。昨年発表された「GIGAスクール構想」はそうした指摘を受けて打ち出されたものであるが、コロナ禍に見舞われた現在、GIGAスクール構想の前倒し、追加予算の計上など、教育現場のICT化に向けた動きは慌ただしくなっている。昨年の緊急事態宣言により学生・生徒が教育する機会を奪ってしまったこと、諸外国と比べて遅れが目立つ教育現場のICT化の推進強化など、教育現場の情報化対応はまさに喫緊の課題といえる。

 本特集では、教育現場の情報化に向けた参考となる資料を用意。1つは、日経BPが全国の小中学校、高等学校への独自調査とランキング化により教育現場のICT活用が明らかにする「公立学校情報化ランキング」の最新版。全国約1,800自治体の公立学校を対象に調査を行い、最新の情報化進展度を掴むことができる。もう1つがGIGAスクール構想でも打ち出されている「1人1台端末」整備を進めるうえで、学校側が準備すべき考慮すべきポイントを紹介したインタビュー資料。教育現場での積極的なICT活用が求められているいま、いずれも必読の内容となっている。