資料の紹介

 日経クロステックが2021年にブレイクするITインフラ技術を選出する「ITインフラテクノロジーAWARD 2021」で第1位となった「ゼロトラストネットワーク」。ゼロトラストネットワークは接続元のネットワークやデバイスを問わず常にアクセスを精査し適切に認証・認可をするという新しい考え方のセキュリティーモデルである。

 従来主流とされてきた境界型防御は外部からの不正アクセスを排除することで対処したが、端末紛失やID盗用などでアクセスを許してしまった場合、攻撃者を防ぐことは実質的に不可能。さらに昨年から続くコロナ禍でリモートワークが増加したことで外部アクセスが日常化したいま、境界だけ守れば安全という時代は終わりを迎えつつある。そうした現状を踏まえると「ゼロトラストが今後不可欠な技術になる」という話もうなずける。

 本特集では、いま注目のゼロトラストにフォーカスを当てた最新の技術資料を用意。資料を一読することで、なぜログの有効活用がゼロトラストの実現には欠かせないのか、そして、今回のコロナ禍で急増したリモートワークはセキュリティ対策にどのような影響を与え、ゼロトラストへの移行が叫ばれるようになったのかが詳しく理解できる。