資料の紹介

 すでに報道でも伝えられているように、インボイス制度(適格請求書等保存方式)が2023年10月から適用開始される。本制度により適格請求書の発行や保存が厳密に求められるため、請求書の発行、受領に伴う業務フローが大きく変わることが予想される。「まだ1年以上先の話だから」と様子見をしている方もいるかもしれないが、本年1月に電帳法(電子帳簿保存法)改正で電子書類のデジタル保存義務化が始まったことを考えると、インボイス制度導入を見越したうえで請求書発行業務の見直しを行うのは決して時期早々ではないだろう。

 本特集では、インボイス制度の概要はもちろんのこと、企業がどのような対応策を取るべきかをしっかり理解できる資料2点を用意。適格請求書とは何か、適格請求書発行事業者とは、その登録方法は、仕入税額控除の適用とは何か。インボイス制度についてまだピンと来ない方にとってはイチから理解できる充実した内容となっている。ぜひ資料をダウンロードのうえ早めの対策をとってもらいたい。