資料の紹介

 2023年10月1日から、「適格請求書等保存方式」という新しい仕入税額控除方式が導入される。いわゆる「インボイス制度」である。これにより、事業者が納める消費税を計算する際の要件が変更されることになる。

 主な変更点は、「請求書に記載する項目の追加」「適格請求書(インボイス)が仕入税額控除の新たな要件に」「発行事業者としての登録が必要」の3つ。このほかにも、登録申請の提出期限、「免税事業者」と「課税事業者」の違いなど、導入前に押さえておきたいポイントは多い。

 本資料は、2023年10月から開始される新しい仕入税額控除の方式である「インボイス制度」の概要と対策について、ポイントを絞って分かりやすくまとめたもの。従来との違いやメリット、デメリット、対応スケジュール、経過措置など、最低限必要な情報を網羅している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。