資料の紹介

 オフィス出社とリモートワークを組み合わせたハイブリッドワーク。今年7月からNTTグループが新制度によるハイブリッドワークを導入したことがニュースで取り上げられるなど、新しい働き方として認知が広まっている。在宅、出社を上手に組み合わせることで生産性の向上、柔軟な働き方が実現できるなど、ハイブリッドワークは今後も広く浸透していくはずだ。

 しかし、リモートワークでのコミュニケーションとマネジメントの課題、同僚とコミュニケーションがとりづらい、部下の作業状況が把握しづらい、といったリモートワークで起こりがちな課題を棚上げしたままでは、ハイブリッドワークの導入に否定的な意見が出てしまうおそれがある。対面でのやり取りができない分、別の方法や手段で補うことを考えておきたい。

 本特集では、ハイブリッドワークに起こりがちなコミュニケーション面、マネジメント面での課題を解決できる新しいコミュニケーションツールを紹介。業務効率を落とさずに双方向のコミュニケーションを実現でき、対話の促進と進捗管理が可能となるなど、リモート時に既存ITツールで陥りやすかった問題をクリアしてくれる。ぜひ資料をダウンロードのうえ課題解決に役立ててほしい。