資料の紹介

 コロナ禍をきっかけにリモートワークでの働き方が広まったことで、企業のネットワークセキュリティは大きな見直しを迫られている。そして、従来型の境界型防御ではなくゼロトラストによるセキュリティ対策が主流になりつつある。

 ゼロトラストは、社内、社外問わず、誰が何にアクセスしているかを毎回認証し、正当な認証を得たユーザー、デバイスのみアクセスを許可するもの。ゼロトラストを実行するうえで欠かせないのが正しい情報収集とアクセスレベルの決定とその制御。そして最も重要となるのがアクセスしたユーザーのID情報であり、ID情報の適切な管理がゼロトラストの中核といっても過言ではない。ではこのID情報をどうやって管理するか。ミスやヒューマンエラーなしに管理できる方法はあるのか。この課題に対し、頭を悩ませている企業も多いはず。

 本特集では、ゼロトラストの根幹であるID管理。その重要性と具体的な対応策について詳しくまとめた資料を用意。同資料ではクラウド化が進むなかで頻発する情報漏えいの多くはID管理が不十分という点も指摘。リモートワーク利用が拡大するなか、ゼロセキュリティにかかる期待は大きい。安全な運用を目指すためにもこの資料を参考にしてほしい。