さらに存在価値が高まるIT部門

 この数年来、企業はデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に向けた投資を行ってきた。新型コロナウイルスの拡大は、一部で経済の大きな影響を招いているが、一方で、このDXに向けた投資を加速させる企業も少なくない。

 理由は明確だ。これからの「ニューノーマル」の時代を生き抜くためにはITが必要不可欠であることを多くの企業が痛感しているからである。

 分かりやすいのが非接触を前提とする柔軟な働き方改革である。テレワークやビデオ会議、電子承認など、テクノロジーを活用して感染リスクを低減しつつ、いかに事業を継続させていくか。この視点を持てない企業は、この先激しい以上の中で競争優位を保てず、遅からず淘汰されることになるだろう。

 それを支えるのは、間違いなくIT部門である。では、ニューノーマルに向けて、IT部門はどのシステム領域を注視し、どのような戦略的IT環境整備を推進するべきか。また、そのためのパートナー選びはどうすべきか。ハードウエア、ソフトウエア、そして、システムインテグレーションを提供する3社のIT企業を招き、最新のIT投資動向やこれからのIT投資戦略について話を聞いた。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。