ハイブリッド クラウドの管理がDX成功のカギ

 ウィズコロナの時代となり、テレワークを前提とした働き方に向くクラウドの利用が当たり前となった。とはいえ、システムをすべてクラウドで運用できる企業は稀だ。技術的な制約やセキュリティーポリシー、コンプライアンスなどさまざまな理由で、多くの企業でサーバーは引き続き社内で運用する場合も多い。

 そこで現実解として浮上しているのが、ハイブリッド クラウドという選択肢だ。オンプレミスとクラウドのそれぞれの利点を生かしながら、システムを動かそうというわけだ。しかし、しっかりとした構想なしにハイブリッド クラウドを利用すると、逆に運用管理が煩雑になったり、想定以上にコストがかかったりと、結局使いこなせないという状況になりかねない。インフラ整備で四苦八苦し、デジタルトランスフォーメーション(DX)が進まずに競争力が低下してしまうことも考えられる。

 ハイブリッド クラウド利用にあたっては、クラウドと社内に残るシステムを最適化した上で構築する必要がある。そして、それらをバラバラに運用するのではなく、一括で、しかもできるだけ手間をかけずに管理することが鍵となる。本来やるべきはイノベーションの創出を支えるシステム「活用」であり、クラウドの導入や運用自体が目的ではないはずだ。

 最適なハイブリッド クラウド環境をいかに構築し、運用負荷をどれだけ抑制するか。グローバルな最先端のクラウド、ハードウエア、システム構築の知見を持つ3社に話を聞いた。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。