IT投資を加速する企業の真意

 新型コロナウイルスの感染拡大は、広範な社会活動に停滞をもたらしたが、この状況を前向きに捉えている企業もある。それらの企業が見据えているのがDXの加速である。

 非接触が当然になるなど、いわゆるニューノーマル時代に対応していく上で、デジタル技術の活用は不可欠といえる。デジタル化への投資を加速し、企業のビジネスモデルを刷新し、さらに強力にDXに取り組もうというのである。

日経BP
総合研究所 イノベーションICTラボ
上席研究員
大和田 尚孝
※本取材はリモートで行われた

 事実、コロナ禍への緊急対応としてテレワーク環境の整備を行ってきた企業が、ここに来て、クラウド活用やデータセンターのモダナイゼーションなど、DXの礎となる領域への投資に積極的に乗り出していることを示す調査も公表されている。

 ここでは、DXを見据えた先行企業の取り組み、さらには、DXの土台となる新しいインフラの在り方、そしてクラウドの利用を進める実際の方法などを探るために、日経BP総研 イノベーションICTラボ 上席研究員の大和田 尚孝が、Lenovoとヴイエムウェアの両ベンダーの社長に話を聞いた。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。